最近こんな症状ございませんか?

◽️同じことを言ったり聞いたりする
◽️人と会う約束や日時を忘れる
◽️物をなくしたり、置き忘れたりする
◽️物の名前が思い出せなくなる
◽️今まで出来ていたことができなくなった
◽️計算の間違いをするようになった
◽️怒りっぽくなった

「もの忘れ」から認知症へ

「最近もの忘れがひどくなった」と自覚されている方、それを年齢のせいだと簡単に結論づけてはいませんか?

トイレや入浴など日常生活は普通に出来てはいるものの、
◽️物忘れが激しい
◽️段取りを組んで何かをすることができない
などの段階を軽度認知障害と言います。

また、そのうち半数の方が約5年の経過で認知症へ進行すると言われています。

例えば、軽度認知障害の方は

◽️食べた事は覚えているが何を食べたか思い出せない
◽️買い物に来たが何を買いに来たか思い出せない

だったのが認知症になると、

◽️食べた事自体覚えていない
◽️買い物に来たことすら忘れて今自分がどこにいるのかわからない

と、なるのです。

認知症の診断・治療

認知症と一口に言ってもさまざまな病気があり、病気によって症状や進行、治療法が異なります。

徐々に進行していく認知症としては、次のものがあります。

◽️アルツハイマー型認知症(認知症全体の約60%)
◽️レビー小体型認知症(同 約20%)
◽️前頭側頭型認知症(同 約5%)
◽️脳血管性認知症(同 約15%)

これらは、治すことはできませんが、早期発見してお薬を服用する事で、進行を遅らせることができます。

また全体の5%ほどですが、治り得る認知症があります。

◽️脳神経外科疾患(慢性硬膜下血腫や正常圧水頭症、良性の脳腫瘍による認知症)
◽️内科疾患(甲状腺機能低下症やビタミンB1欠乏、ビタミンB12欠乏)
などです。

認知症が疑われる患者さんが来院された場合、まずご家族から、日常生活の変化などについてお聞きします。

次に「神経心理検査」と呼ばれる、もの忘れの検査をします。

これは長谷川式スケール(HDSーR)、ミニメンタルステイト検査(MMSE)などがあり、いろいろな質問をしてもの忘れの程度を見るものです。

さらにMRIで画像診断が行われます。

MRIで海馬の萎縮の解析(VSRAD)、脳神経外科疾患がないかどうかを調べるためです。
MRIのみで、認知症かどうかが分かるわけではありません。

それよりも、ご家族や周りの方からの聞き取りと、ご本人への問診・診察が重要です。

認知症の診断は神経心理検査と「病気の経過を知ること」が大切です。

特にアルツハイマー型の場合、一見普通に見えて患者様ご本人にも自覚がない場合があります。

このような場合、ご家族からの「いつ頃からどのような症状が現れ、どう変化したか」が診断の決め手となることがあります。

このように認知症は、早期発見が大切です。

思い当たる点がありましたら、ぜひ当院へお越しください。