妊娠すると、頭痛持ちであった方が女性ホルモンの影響で頭痛が消失するとよく言われます。
ですが、逆に悪化する方もおられますし、出産後に頭痛が再発したりします。

また、今まで頭痛のなかった方で妊娠してから頭痛に悩む方もいらっしゃいます。
これはいわゆるつわりの症状の一つと言えます。
妊娠初期は、ホルモンの影響で母体の血管が拡張しやすい状態にあり、その影響で頭痛が起こることがあります。
つわりが終わる頃、もしくは妊娠経過が進むにつれて自然に治まってくることがほとんどです。

その他、風邪やストレス、眼精疲労、高血圧など頭痛の原因は多岐にわたります。

頭痛には「片頭痛」と「緊張性頭痛」があって、原因が全く違うのでお薬が違います。妊娠中や授乳中はお薬を飲みたくないという不安から我慢される方もいらっしゃいますが飲めるお薬もあります。
赤ちゃんへの影響を考えて鎮痛剤を安易に飲むのは控え、必ず
医師や薬剤師にご相談ください。

当院には、助産師資格を保有する看護師もおりますので安心してご来院ください。